最近のトラックバック

« 世界一簡単な英語の本 | トップページ | ピノッキオ »

小学校への出前授業

ラボOBの通称ガムくんが訪ねてきました。先月もラボ新年会に、ひょっこり新聞記事を持って顔を出したのですが・・。小学校で行った出前授業での新聞2社の掲載記事でした。

今回は明後日、12日(祝日)の福島中央テレビ「5時テレ」でのテレビ放映予定の知らせです。彼は、日大工学部・電気研究会のリーダーです。今までに5・6年生に3時間の授業をしました。電気や音、光、電磁石について科学的に考える実験教室です。子ども達は、誰ひとり無駄話もなく、実験にくぎづけになっていたそうです。小学生が学ぶ理科の内容が段階的に易しくなり、実験する機会も減り、科学への興味関心が危惧されてきた昨今、これは有意義な授業だったと想像できます。一昨日、BSテレビでアインシュタインの相対性理論を導き出す過程がドラマ仕立てで描かれていたのをみました。アインシュタィンとガムが私の中では、小学生のときからだぶってみえていましたので、彼が物理の世界に興味深く研究していく様子は私にとっても嬉しいし、面白いのです。

« 世界一簡単な英語の本 | トップページ | ピノッキオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校への出前授業:

« 世界一簡単な英語の本 | トップページ | ピノッキオ »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ