最近のトラックバック

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

不思議の国のアリス

ラボ山崎パーティ卒業発表会の卒業生のAちゃんへの感想が寄せられましたので、抜粋文を掲載します。「Aちゃんのアリスはとってもキュートでチャーミング。実生活での充実感が反映されてか、本当に輝いていました。脇を固めるメンバーもそれぞれのキャラクターがたっていて楽しませていただきました。トチリも余裕のご愛嬌。チェックが入っても厭味がなく、むしろチームワークの良さの表れのようでした。

中高生の発表はいつも見ていて楽しく期待を裏切らない発表で感心しています。2週間前までが受験生だったということをこちらは忘れてしまうほど、当たり前のように台詞を覚えて演じているみなさん、素晴らしいですね。へんてこな動物達の泳ぐシーンもとっても楽しくて、こんな愉快なお話だったっけと思いました。帰ってから寝るまで、アリスのウサギ穴に落ちて~を聴きながら、子供たちと一緒に、皆さんに見せて頂いたアリスを思い出して余韻に浸っていました。高校とラボのご卒業、そして大学御入学おめでとうございます。初めて一緒の舞台に立ったのは、タヌキの発表でした。タヌキがお腹の太鼓を叩く踊りを踊ってみせてくれたAちゃんはまだ中学生だったと思いますが、時の経つのは早いものですね!セロ弾きのゴーシュでのカッコウ役やヘルガ役、素敵なAちゃんをたくさん覚えています。今までお世話になり有難うございました。これからも時間のある時にはいつでも遊びにきて一緒にラボして下さいね!またAちゃんに会えるのをみんなで楽しみにしています。

いつもそうですが、まず演じてる皆さんがとても楽しそうでした。振り付けや動きの演出も素晴らしく、見ていてとても楽しかったです。いつもチョロチョロしている小さい子達がジッと見入っていたのも納得。集まる時間が少ない中で、あそこまで仕上げられるのは、やはり個人個人の自主トレがあってこそなのだと思います。一人一人がいい味を出してました。山崎パーティの看板女優がまた一人卒業してしまうのはとても寂しいですが、大学生活を思い切りEnjoyして欲しいと思います。時々『喝』を入れに帰って来て下さい!今回のアリスも最高に素敵でした!
Aちゃんは、子供達の憧れの存在です。発表後に、子供達も「Aちゃんすご~い!!アリスだ~!!」「私もアリスやる~!!」と興奮していました()
そしていつも思うのですが、一人ひとりの中高生が個性豊かに発表しているなぁ~と。毎回、発表を見れることを楽しみにしています。
Aちゃん、卒業おめでとう!そして、ありがとう(^-^)最高に素敵でした!」

発表翌日に早速の感想がメールで届き、Aちゃんには、全文を印刷して渡すことができました。これから郡山市を離れて、憧れの大学での生活をスタートするにあたり、励ましの言葉になったと思います。皆様、ありがとうございました。

英語でチャット

昨日、午後6時~8時 参加者(新学年) 小学生(高学年)、中高大生12名とカナダから来た素敵な女性マリアンとが、我が家にて、2時間の英語でシャベラナイトにしました。終始、笑いが絶えず、参加者全員(小学生と新中1は、伝えられないときは日本語で言うと 何名かが、すぐに辞書をひき、みんなの輪の中心に置いたホワイトボードに書き出していく、高校生が話をリードしていく)今回は特に英語で話しやすい雰囲気ができ 子供達が積極的に話に参加している姿勢に私は感心していました。それは、マリアンが彼らの どんな英語であろうと 聞き取り、質問をしながら、わかってくれる努力をしてくれていたのが大きいと思えました。彼女の気さくな性格、この場を自ら楽しんでいく姿勢、日本や文化への興味関心の高さ、何よりも笑顔が、コミュニケーションに大切なことを改めて感じました。高校生が、「今回は、英語が話せるようになっていた、と思った。相手がわかってくれようとするから安心して話せるんだね。」と。話したい意欲と話す内容があることは当然なのですが、子供達が「やりたいことがある」「自分にとって大切なことがある」「自分には少なくてもこれができる」とそれぞれが持っていて、話がはずむのですね。リラックスした居場所の確保、それは、同年齢だけではなく、縦長の年齢構成と仲良しの横の仲間がいてできていくことなのでしょう。年齢や立場が異なることでの自然な役割分担とそれによる意欲がおきることが英語習得の近道なのでしょう。

物事への意欲をもつには

2週間前にピノッキオの英語劇を発表し終え、来週は「不思議の国のアリス」を発表しようと今日、集まってきます。2時間で創り上げるのですから、かなりの意欲がなければ不可能なのですが。英語の台詞やナレーションの量も多いし安易な英語のレベルではありません。先日、高校生が「山崎テューターって、ほったらかしだよね。」と言いました。確かにそうかも。気持ちの面では、いっぱい応援しているのですが、彼らの活動の様子をみていると、口を挟む余地も必要もないのです。自分達で話し合い、考えて、決定していく様は、本当に見事としかいいようがなく、私ができることは、せいぜい おやつを出すタイミングをみること(うっかり出して少ない貴重な時間をとってしまうのをタメラウ?)。ラボ活動は高学年になるにつれ、自分から積極的に動かないと何も始まらない、自分次第な活動であることを 彼らは いつの間に身に着けていくのでしょうか。

高校入試

今日は、福島県の県立高校入試日です。昨日の悪天候と変わって青空で良かったです。我が家の4匹のビッグ・ファット・キャットは、陽だまりの中でお昼ね中。毎年、この時期が過ぎないと春を楽しめませんね。

 January cold desolate,February all dripping wet,March wind ranges, April changes,と12月の特色が、それぞれ短い言葉でキリッとうたわれた季節Christina Rossettiの詩です。まさしく1月から3月の厳しさを感じます。でも「春は奇跡」というターシャ・チューダー(毎年、秋には何百個の球根を植え込み、春をつげるスイセンが咲く庭を楽しむのでしょう)の言葉をかりると 「厳しいかどうか、苦しいかどうか、季節も人生も自分しだい」と。厳しい季節を乗り越えて

April changes; Birds sing in tune To flowers of May,と季節がかわっていきます。そう、

「生きていることを楽しむ」なんですね。今頃、受験、頑張っているね。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ