最近のトラックバック

« アヤちゃんの英語授業報告7 | トップページ | アヤちゃんの英語授業報告9 »

アヤちゃんの英語授業報告8

「リーディングは前回と変わらない感じです。他の2つと違って毎回同じ授業内容なので(ひたすら訳して内容の把握)、報告がつまらないですよね…
教材で、アメリカの雑誌に掲載された文章を使っているので、イディオムや言い回しが多くて訳しにくいことがよくあります(^-^;)

ライティングは、テスト前の最後の授業で、最後の文法の確認でした。
文法といっても、セミコロンとコンマの使い分けなど、実際にパラグラフを「書く」ときの注意、みたいな感じでした。

セミコロンとコンマの違いは、2つの文をつなぐときはセミコロンで
1つの文を区切るときはコンマを使うそうです。
例えば、(プリントの例文からですが…)
・We have much to do; for example, the carpets need vacuuming.
 →We have mmuch to do. と For example以下は2つの文に分けられる
・It is hailing, not raining.
 →2つの文に分けることができない(コンマ以下にS+Vがない)
他にも、1つの文の中に挿入句を入れるときはコンマで挟むとか
 (I would like, however, to read the fine print first.)
同格のものを並べるときはコンマですね。
 (He is a strong, healthy man.)

来週はテストで、時間内にエッセイを1つ書くらしいです。頑張ってきます!(>_<)

コミュニケーションは、今週がテストでした。3分程度のスピーチで、今までみたいにクラス全員の前での発表ではなく、先生と次にスピーチする人だけの前で発表だったので、今まで以上に緊張しました(・_・;)
絶対3分にもいってなかったと思うんですけど(^-^;) 先生には「OK!」をもらえたので、なんとかなりそうです(^-^) ところで、深いテーマについて話そうとしていた人がクラスにいたんですが、逆に3分にまとまらなくて困ってました(・_・;)ある程度深いテーマについてスピーチしようとすると3分じゃ足りないですね…。トピックがいくつかあって、そこから1つ選んでスピーチする形だったので私は「My hobbies」というトピックで絵の話をしてきました。3分スピーチって微妙に中途半端な長さで、逆に難しいです。」アヤ

「山崎パーティは、発表会が多い。どう思いますか?」
☆短期間で作って発表しなきゃいけないので、英語は詰め込まれますけど どうかな?・・・・・。
☆短期間で覚えるために自分のセリフの部分だけ聞いてる人も出てきちゃいそう・・・・。
☆発表を減らして、英語と動きの両方で密度が濃い発表が作れたら・・・・・・。
☆物語そのものの意味を考えたり、内容面でレベルが高い発表がのぞまれますが・・・・。
「中高生は基本的に部活と学校の試験優先になっていきます。小学生時代までに どれだけ深く、広く、聴き込みをしてきたか・・・自分に蓄積された英語の量をもとに やっていく時期に入ります。何しろラボにかける時間が少なくなるのですから。上の年代は時間がないので、やるときは短時間で仕上げますし、その能力があることが必要になってきます。同じように下の子達がラボの時間だけで、そのときの物語だけに取り組んでいると蓄積されていく量が不足します。家庭の理解と協力について、改めて話し合っていかなければならないのではないか?と感じています。
☆役が決まらないと聞かない、っていうのは、幼小年代には問題なのです。小さい子に関しては、逆に「聞かないと役が決められないのでは・・・

7月14日(土)夜 柴宮公民館にて 「ラボ山崎パーティ夏のつどい」発表会

夏休み国際交流ホームステイ参加者は、素語りを発表しましょうね。

今年は、山崎パーティから、カナダ・アメリカ・ニュージーランド・韓国へ行きます。海外への一人立ちの旅 準備はすすんでいますか?残り1ヶ月をきりましたよ。

addition (友人から)

*コロンは、具体例を示したり、説明したり、定義などをあらわすときに使います。
   ・You will need to bring three things to the party: some food,
something to drink, and a small gift for the hostess.
   ・I'll tell you what I'm going to do: I'm going to quit!
   ・"Elephant (noun): a large grey mammal found in Africa and India."

*セミコロンは、二つの文をつなぎます。 二つの文の間には、関係があります。
(関係は、文の内容に依る)
  例えば、 
     ・Mary drives a Toyota; Joanne drives a Honda.
         この場合、but の関係を表しています。

     その他、セミコロンの後に、関係を表す言葉をはっきり表現することもあ
ります。
        ・She works all day in a store; in addition, she takes
classes in the evenings.
        ・John is Japanese; however, he lives in the United States.
        ・You should get your brakes fixed; otherwise, you might
have an accident.
        ・Hundreds of people cross the border from the US to Canada
every day; therefore, it is not possible to search all of them   
         carefully.

 


 



« アヤちゃんの英語授業報告7 | トップページ | アヤちゃんの英語授業報告9 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アヤちゃんの英語授業報告8:

« アヤちゃんの英語授業報告7 | トップページ | アヤちゃんの英語授業報告9 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ