最近のトラックバック

« アヤちゃんの英語の授業報告4 | トップページ | アヤちゃんの英語の授業報告6 »

アヤちゃんの英語の授業報告5

「オズの魔法使いは、「気付く」物語ですよ。
かかしも木こりもライオンも、旅の途中でドロシーを助けるために知恵を絞ったり、ドロシーが帰れなくなったときに涙を流したり、勇気を出して守ってくれたりするんですけど、彼らは自分では脳みそがないとか、心がないとか、勇気がないとか思ってるんです。
魔法使いのオズが彼らに与えた薬はまったくの偽物だったんですけど、それをもらった3人は自分の欲しいものが手に入ったと気付いて、それから堂々とふるまうようになるんです。
どんなにいい能力を持っていても、それに自分で気が付かないと意味がない、っていう話だと私は思いますー。

ここから英語の報告です。(^-^;)
リーディングの文章は、予習で読んだものはそれほど難しい文章ではなかったです。ただ健康に関する文章なので、専門的な単語がたまに出てくるのと、文量が多いのとで時間はかかりました。

ライティングではまたパラグラフを書きました。今度は4、5人で組になって、みんなでアイデアを出してそれを推敲して…とやったんですが、なかなか文にまとまらなくて大変でした。複数人で書くと、みんなの英語のクセが違うのでまとめづらい時があります。私の文はやっぱり無生物主語ばっかりなので、よく却下されてます(・_・;)

コミュニケーションの授業は前回の続きで、私は前回に発表してしまったのでみんなのスピーチを聞くだけでした。来週辺りから期末試験の準備に入るみたいです。
原稿から顔を上げてスピーチできる人はやっぱり上手です。」アヤ

「山崎パーティでは、「不思議の国のアリス」のテーマを続けています。3月の春のつどいで  高校生を中心としたメンバーが、アヤちゃんの卒業発表として、アヤちゃん(アリス役)を中心に 1話を発表しましたね。  4月末の春の合宿は 合宿のテーマをアリス全話として、ゲームや野外活動に取り入れて、小さい子達も楽しめるように導入しました。 

5月末(チャイルド・ブックフェア)  国際交流&シニア合宿とぶつかったので、小学生を中心に ナレーションと配役を好きに希望をとって入れてみた。軽い発表と考え、親とテューターも参加(高校生1名、中学生3名も参加できたので、発表の形はできて良かったです。) ヒロが、発表の前日にこう言いました。「私は覚えるのにとても時間がかかるし、聴かないと覚えられないから、かなりの回数を聞き込むしかないんです。」発表をみてラボママから感想が寄せられましたが「ヒロちゃん、いつもながらに素晴らしかったです。声も良く通るし自然体で生き生きしていてそしていつもリラックスした温かい笑顔ですよね。」本当にたくさん聴いたのでしょうね。とても綺麗なCDどおりの英語になっていました。

さて、山崎パーティは発表会が多い?子ども達の負担にならないように考えていきますが、意欲の維持も必要と考えて、私はチャンスがある毎に企画してしまいます。だから、真面目に全てをしていくと山崎パーティのラボっ子はずっと意欲を持たなければならなくなるのです。嫌になるかな~。でも中にはこの物語で、やる気が起きる子がひとりでもいるとすると、それなら私はやりますし、誰もいなければ私ひとりでも「チャイルド・ブックフェア」は対応できるのですが・・・。1年に1回でも誰かが順ぐりに意欲をもてば本当は十分です。問題は、持つ子はいつも持って、持たない子はいつも受身になりがちなことです。

他の英語教室は、どのようにして子ども達に意欲を持たせるのでしょうか?テスト?何か良いアイデァがあれば取り入れたいですね。

> オズの魔法使いは、「気付く」物語ですよ。

そう、「気づき」こそが、意欲につながりますよね。教わるのではなく、自分で気づく、これだよね。 また、好きな言葉としては、「謙虚」。セロ弾きのゴーシュのカッコーのように・・・イチロー選手の千本ノックのように・・・。謙虚と気付きを山崎パーティの柱にしてみようかな。

> 原稿から顔を上げてスピーチできる人はやっぱり上手です。
アヤちゃんが、高1のときに「ヒマワリの笑顔」のスピーチをしたときを思いだします。しっかりと顔が上がっていて、言葉が客席に届くように話していました。それは、国際交流ホームスティの思い出そのものに内容があったからでもありますが。

カッコーがゴーシュに向かって、「なぜ、やめたんですか。ぼくらなら、どんな意気地がないやつでも、のどから血が出るまでは叫ぶんですよ。」

カッコーが鳴く季節になりました。聞こえていますか?」親猫より

« アヤちゃんの英語の授業報告4 | トップページ | アヤちゃんの英語の授業報告6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アヤちゃんの英語の授業報告5:

» 英語勉強 [英語勉強]
実用的な英語勉強法とは? [続きを読む]

« アヤちゃんの英語の授業報告4 | トップページ | アヤちゃんの英語の授業報告6 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ