最近のトラックバック

« 国際交流壮行会 | トップページ | 国際交流壮行会 »

ラボ・父母会

「息子からラボの問題発言が出たんです。いつ、ラボのCDを聴いてるのか、たずねたら、”ラボに行ったとき”と答えたんですよ。」と中学生の母。「みなさんの家庭では、いつCDをかけていますか?」「テレビ視聴が多い家庭は難しいかな?」「時間のあるときは、好きな音楽ばかり・・・」「私、今日は遠出して、とっても疲れたんです。疲れると後は何もしたくなくなりますよね。でも、子供は、部活で疲れて帰宅しても、すぐにラボに行くから、自分のことを考えてみたら、何もしないでラボに行っても、休まずに行くだけで偉いな、と・・・」

この様なおしゃべりが出てくるのは、最近、私が、ラボ家庭に送ったメールが厳しいからかな?「今度の発表テーマは素語りを目指すことを目標にしています。ラボは理解の段階ではなく暗記していく聴き込みがあることで、意見も出るし、表現も深まる活動です。」      

私がラボを開設して5年目頃は、しだいに子供たちの様子から、耳の育っていくのがわかる子、家では何もせずに、ただラボの時間だけライブラリーに接している子達・・といるんだな、と思い悩むようになりました。その頃、テューター研修で「ラボはその活動の時間だけでも、物語という夢を与えている。それだけでも十分な価値を持つ」と聞きました。それから、長いスパンで子供達の成長の様子をみるように心がけてきました。学校で頑張ってくる子達にとっては、吐き出す場も必要。その子達にとっては、何もしない時期(中学生が、学校の勉強と部活優先なのでラボは後回しになる)も意義があると思うようになりました。それは、もう社会人になって、年に一度は報告なのか、顔を出してくれるOB達と話をするたびに確信します。
10年目頃は、優秀な子達にも悩みました。ラボっ子達は、近くの小学校・中学校は成績上位者達、生徒会長・児童会長が現れやすくなっていましたが、学校で優秀な子は、ラボはぼんやりしたい場になってきていました。この頃に私は「呼吸」について考えるようになりました。吐き出す場を作ろうと。英語に関しては、ほっといてもラボをしてきたプライドがあるのか、かってに英検を受けていく流れ(先輩ラボっ子が後輩に言うこともあり)できていましたから、気にすることはなかったので・・。
卒業生が「ラボは居場所」と言います。居場所だけでいいですか?
ラボが単純に英語教室だったら、どんなに気持ちが楽かしれませんが、日本の若者が抑圧された精神状態で、異常な事件が続くたびに、子供たちが幸せになるには、物語の力・・と結局、ラボを評価している私がいます。
さて、昨日は高校3年のKくんが、ラボっ子達に挨拶に来ました。郡山市から転居してから、車で片道2時間かけて、7年以上もラボに通わせて下さったご両親には、どう感謝してよいかわからないくらいです。K君がくると、全体が明るくなりますし、みんなの声が弾みました。 「自分は、ラボを引退しようと思います。本当に心残りですが、現実問題として俺の今の実力では希望の大学に行くためにはそうするしかないと判断しました。 本当に勝手だとは思いますが、自分は長い長いラボ人生にピリオドを打ちます。土曜グループのみんなと卒業生には、最後の合宿を成功させられなかったコト(そう思っているのは、リーダーだけで、下の子達はとっても満足していましたよ。あなた達は自分に厳しすぎるよ)と、いきなり居なくなってしまうコトを本当に申し訳なけ思っています。 山崎パーティーは俺にとってもう一つの家のような存在でした。俺は、自分の目指すモノのために、まだ漠然としか見えてないけれど、そのためにラボを巣立ちます。だから、勝手な俺をどうか許して下さい。今まで本当に本当に、お世話になりました。」
父母会も同時にしていたので、挨拶をしましたが、お母さん達が「ねえ、テューター、K君はここまでやったんだから、ラボOBですよね。いつ、顔を出してもいいんですよね。いままでと 何も変わりないですよね。・・・」そう、何も変りません。ただ、Kが、必死で受験勉強に向かう決意表明をみんなの前でしただけですよ。

« 国際交流壮行会 | トップページ | 国際交流壮行会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラボ・父母会:

« 国際交流壮行会 | トップページ | 国際交流壮行会 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ