最近のトラックバック

« 絵本ワールド2008 | トップページ | ラボの国際交流ホームスティ »

絵本ワールドを終えて(友人から)

「昨年より ステージの大きさが 丁度良く 出演者が 何をしているかも  おはなしの流れも 解りやすく しまっていて、皆さん楽しそうでした。 素敵でしたし、 可愛かったです。」            「まず、参加人数には驚きました。希望者のみと聞いていましたので。さらにお母さんの参加があるのはもとてもいいことだなと思いました。あの人数で駆け回るクマガリは迫力がありました。次男は雰囲気にのまれ、「ボクも走りたい」と()。キャンプでお会いしたお母さんがご挨拶してくれました。「時間がなくて昨日決めたんです~!」とおっしゃっていましたが、はつらつとして楽しそうでしたよ。ラボっ子の成長は家族の協力なしにはありえないと実感しました。また、あのような不特定多数・ラボを知らない方たちを前に発表するのはまた違った成長ができる機会だと思えました」                                                                             ラボママからの感想も少し入れます「本にふれるイベントにも度々参加できること、ありがたいなと思っています。今日もお弁当の後、子供達は絵本を長い間見ていましたね。テューターが言う「発表そのものは、本当は目的ではない」とか、「ラボと演劇は考え方も目的も大きく違っている」、というお話はなるほどと思いました。ラボは、とても活動の幅が広いと思うので、その時その時に子供が望む形で、ラボを生活の中に取り入れて行けたら良いのかなと感じています。テーマ活動はもちろん大切ですが、好きなお話を繰り返し聞いたり、絵を描いたり、英語の勉強のきっかけにしたり。色々な楽しみ方がありますよね。サマーキャンプの経験も大きいです。これもラボならではだと思い、今回も行かせて良かったなととても嬉しく思います。」                                                                                                    「来年度もぜひ参加したいと思います。全体での練習時間も少なかったとは思いますが、限られた時間の中で創り上げていくことも大切なのかと。それに、外部の発表もいいと思います。目標があれば、そこに向けて自分自身を向上させていける(覚える)チャンスだし、クリア出来てもダメでもなんらかしら得るもの感じるものはあるはずです。(実際、5才の子でも今回の発表で自分自身を「がんばった!」と評価していますし(笑)更なる意欲も・・・)           我が家で今できること、一緒にいっぱい物語を聴いて、一緒に覚えて(競争しても負けますが、それが嬉しいみたい?)楽しむことです。いずれ、「一緒に聴こうよ~」と誘ってもうるさく思う時が来るのでしょうから、今のうちですね!                                                         山崎パーティーは、いつも発表前ぎりぎりで底力をみせてくれていたように思います。今回の練習では、私も「おや?大丈夫かな?」と正直心配でした。壮行会での発表から心配でもありました。難しいですね。完全にこちら側で仕切ってしまえば、簡単なのに・・・。自主的なというところが難しいですね・・・。自主的を待っていたら日が暮れそうです(笑)。発表を自分達のことと思うなら、もっといろんな意見が出てもいいと思うのですが。みんな遠慮しているのでしょうか・・・。どこで発表しようと、ラボらしさは変わらないと思いますが。母達はみんな、他の子たちのことも我が子のように見ています。そして、応援し期待しています。我が子も、みんなに育ててもらえるラボだからこそ魅力的です!!(母達と話していたことです。)      いろいろなことを通して、子供たちを長い目で見ることができるようになりました。それもテューターやパーティーの子たちのおかげです!!これからも、いろいろな課題を乗り越えられる力を!!(笑)    とにかく、母達は応援しているという思いを伝えたかったのです!!    

「子供のなかには努力しても結果が期待通りいかない場合もあります。みんなに評価されなくても一人でもその子が努力して臨んでいるということを分かってくれる人がいればいいと思います。自分のためですから。子どもが、本当に一生懸命にテーマ活動のCDをききこんでいたのを思い出します。天才は別かもしれませんが,本当に時間がないような時でもよく聞き込んでいました。簡単に素語りの状態にしているわけではないんですね。地道に積み重ねていきました。」                                               ラボの世界2008Julyに翻訳家の方が中学生のときに大きな影響を受けた「20ヶ国語ペラペラ」の話がありましたね。「外国語学習法というのは、いい文章をひたすら覚える」これは、斎藤孝氏も「身体を揺さぶる英語」でもいっていることですが・・。さて、大学生のSくんには、当日、いきなり「マイクで言ってほしい」と依頼しました。リハーサルのとき、会場の関係もあって、みんなの声が響きそうもなかったし、会場の雰囲気に飲まれてしまっていたので、そう判断したのですが、それが「全員の気持ちをひとつにしていく効果もあって良かった」と参加していたお母様から言われました。「いきなりマイクを持たされて やれるのがすごいね」とも。

« 絵本ワールド2008 | トップページ | ラボの国際交流ホームスティ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵本ワールドを終えて(友人から):

« 絵本ワールド2008 | トップページ | ラボの国際交流ホームスティ »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ