最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

I Have a Dream

米大統領にオバマ氏                                                        キング牧師の夢が今!「キング牧師は夢を持ち続けた。そしてオバマ氏は、夢そのものなった」奴隷がアフリカから北米に「輸入」されて389年。リンカーン大統領の奴隷解放宣言から145年。そしてキング牧師の演説から45年。アフリカ系の政治家が、初めて頂点に立つのです。米国社会は、変わることでしょう。世界も、日本も。世界の人々との交流はもう、かなり身近なことです。英語を公用語あるいは通用語にしている国(地域)は70カ国におよび、世界の約3分の1をしめています。その他の国くにでも、英語を「国際言語」として学習している人の数はとても多いのです。世界的な統計になると2人に一人は英語を使って会話ができている状況だそうです。だから、ラボっ子達は家庭で家族と英語で話す環境にないときは絶対にライブラリーから離れないで下さい。                                                   I Have a Dream                                                              I say to you today, my friends, that in spite of the difficulties and frustrations of the moment I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream. ………                                            「からだを揺さぶる英語入門」(斎藤孝)には マザーグースや英語の物語などとともにキング牧師の演説もCDつきで紹介されています。この本が5年前にでたときに まさにラボだと思いました。                                                 からだを揺り動かしながら英文を声に出して言うことで「日本語の身体」から「英語の身体」へのモードチェンジを技として身につけよう・・・・クリアでシンプルなメーセージです。                                                             日本語を話すのに適した身体の状態から英語を話すのに適した身体の状態へ移行する。その移行の感覚自体を技化(わざか)するのがねらいです。「ふだん日本語を話しているときの身体のモードのままで、英語を声に出して言うのは、不自然だ」と斎藤孝氏はまとめています。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ