最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

物語の表現

 中高生グループは、春の合宿でOB逹に気合いを入れ直してもらったそうですね。2グループに分けて、競っていたのかな? 座り込むよりは、兎に角、立つ!動いてみて、大きくイメージしていく方が次への意欲になっていったようですね。 高校生は、たたき台にする意見を持ってラボに来ないと、中学生もイメージができてくるのに時間を要します。リーダーは使う使わないは別として原案を持っていた方がいいですし、タイムテーブルが必要。週に1時間の集まりは本当に時間がないものです。 あっという間にタイムリミット!ラボの発表は直前になると「ストレスがたまる~!」「悪夢を見そう~!」  毎回、思うのですが、自分の限界を超えていく子が、どれだけいるか? ストレスと楽しみは裏腹かな。 気楽にやっていれば、それはそれで、それなりなんです。ラボっ子の育ちはそれなりでは、なぜかない。でも、もし、無理させられて、しかもテンションが下がったままだったら・・・・。何はともあれ、チームワークかな。終わってみて、頑張っていた子ほど、不足していたことを考え、反省するものですが、もし、1ヶ月前までに台詞が入って、音楽CDで数回ほどやっていれば、いろんな意味で満足に仕上がったことでしょうが、最後の1週間で追い込まれて、台詞が入って・・・そのわりには、前の週までの予想からすると不思議なことが起きるのか、頑張ったと言えますよ。プロではないにしても場数を踏むことは大きい力です。台詞がぎりぎりでは発表そのものは完璧になりようがないのですが、そこに向かっていったエネルギーは自信となって、次へ繋がります。ラボの暗記は厳しくて逃げたくなるかもしれませんが、チームワーク、メンバーの雰囲気によって、大きく限界を超えていけるものなのでしょう。台詞以前に楽しんでいること、意欲!当日は完璧ではない分、アドリブ的な表現も出てきて面白かった。子どもの意欲は仲間作りから生まれるものだと思えました。  節目毎の発表会はあった方がいい、とのご意見も多いようです。子どもが自分の限界を超え、自分を追い込むチャンスになるのでしょう。   谷川雁「ラボは燃えている者の側にしかない。今日この物語に燃え、昨日、一昨日燃えた者がまわりをとりまいて、いっしょに燃えようとつとめる。それがテーマ活動の陣形だ。そこに知性というものの最高の姿があるといってよい。永遠に初心へ回帰してやまぬ者・・・・・・・・・・」

国際交流出発に向けて

郡山駅見送り:新幹線のホームで大勢のラボ家庭が集まってくださり、15年間、見送りを続けてきました。「何度見送っても、そのつど旅立つ参加者の姿にジーンときます。」「ラボってみんなで育てあっているようですね。」「小さい頃から見送りに参加させてきて良かったです。小さいながらも感じていくものがあったのだと思います。これがなかったら、国際交流の参加決意が子ども自らの中でおきなかったかもしれません。」 確かに、見送っている子ども達に芽生えていくwillingこの単語は成長の鍵「つぎは(いつかは)自分の番」と。ラボでは当たり前でも本当はすごいことなんだと思いませんか。知らない家庭、会ったことも話したこともない人達のところへ、たった一人になって、1ヶ月も過ごす逞しさは、皆様の暖かいお見送りも心の支えになっていたことでしょう。冒険の旅とは、必ず、一番幸せな場所に戻ってきます。There is no place like home ! そして精神の冒険によって自分を変えて戻ってきます。              8月1日にある「世界の授業」神田外語学院、読売新聞の共催     昨年参加した授業より「英語の言語中枢」を育てるには、英語をたくさん聞けばいい(具体的には、1日2~3時間が目安であると・・)せめて、ラボのCDを一日に15分、聴きながら声に出す(英で15分):英語の基礎作りでしかないかもしれませんが、基礎ができているのと いないのとでは将来、本気で取り掛かるときに大きく違うのです。 何事も大切なことは「ゴールを設定し、逆算し、優先順位をつける。」そして覚えたことを忘れる前に繰り返し反復することではないでしょうか。 

2009年夏 国際交流

ラボ山崎パーティ国際交流壮行会 2009年7月18日(土)18時~21時 柴宮公民館

 この夏の山崎パーティからの参加は、アメリカ、オハイオ州ホームスティとオレゴン国際キャンプです。ホームスティ受け入れは韓国から12歳の子が来ます。

 オレゴンキャンプはアメリカの同世代の友達と出会い、一緒にキャンプ生活を過ごしながら、いろいろなアウトドア活動に挑戦し、野外教育の専門家から自然科学を学びます。自然と出会い、自然と向き合い、そして地球の将来に向けて学ぶプログラムは、とても興味深いものです。

 ホームスティはホストファミリィのもとで ひと夏を過ごします。「国境を越えて友情を持つ人々で溢れるなら戦争を無くせる。若い世代だからこそ体験できるもうひとつの家族をつくること。」ラボの国際交流にボランティアで関わる大人の想いは、国際平和かもしれませんが、子ども達にとっては、何年もかけて心の準備をし、激動の青春期に入っていく前の人生でもっとも大切な瞬間に体験する未知なる生活は、その後の成長の核になることはまちがいがありません。 この健やかな巣立ちは「元服の式」ともいえるものです。たった1人で1ヶ月間も入るホームスティという形式は、うわべの客室だけの接待ではすみません。良いことも、悪いことも食生活の違いも全てひっくるめて家族になれた、あたたかさ、ぬくもりが残るようなステイをめざしてきて下さい。 人間は、一緒に何かをしていくこと、生活していくことで、お互いをよく知ることができるのです。

 ラボ活動は単なる語学学習ではありません。テーマ活動を創りあげていく(自主的行動を長い目で育てようとするなら、「一番いいのはあえて失敗を経験させ、貪欲さが芽生えたところで むしり取らせる」ことだそうですが・・・)短時間の取り組みで発表するには、精神的逞しさが必要です。中高生は英語が読めるので絶対に読まない勇気、逃げない勇気を持ってほしいです。安易に読める、わかる、理解したで済ませるくらいなら、りっぱに恥をかきましょう! あなた達が尊敬する先輩達はそうして、たくましい人間関係つくりの心を育ててきたのです。 英語は人間が話す言葉です。ラボの英語教育は人間教育という信念のもとに40数年の年月をかけました。       

新しいお友達が増えました。東京支部からの移籍です。先月はAグループの女子に活気があり、今月は男子が前にも増して元気になって嬉しいです。新しいお友達が来ると、自然とお世話をする子達がでてきます。お世話をしようとすることで小学生なりに背筋が伸びて、シャンとしてくる姿が何とも可愛いです。山崎Pに来てくれてありがとう!「子どもは子どもの中で育つ」と改めて感じます。     

「波風が立たないと帆船は走らない。」マンネリ意欲を伴う継続は意識の上で違いますね。中高生からの入会はめったにありませんので、地区でも中高生活動を準備します。いつもの山崎Pのメンバーだけではなく、新しい出会い、他パーティの文化(これも異文化として、楽しさの中に厳しさを含んでいますよ)2学期スタートとして募集しますから、月に1回(日曜日)の中高生活動にも参加してみませんか?                 それはそうと、2週間後に発表する十五少年漂流記の帆船ははたして走るかな?彼らが今回、何を冒険していくか楽しみです。ときおり、物語の十五人の少年達さながら、人間関係という泥沼にはまっている様子も見えています。そこを乗り越えることで、ラボが求める英語力以前の人間力がまたひとまわり大きく育つことでしょう。

前回の続きですが「英語の授業そのものは、何をしようと動機づけだと思うのですが・・。それをどう自分の学習にしていくか、実際に自分がすることで力がつくか、つかないか、が分かれる。日本にいると普通は日本語だけで生活できてしまう。その中でも英語から離れることなく、常に意識して、継続していくことしかないのでは。教わっただけの段階で身につくものなど何もないと思います。やっぱり、大人になっても、ときどきは、ラボ・ライブラリーを聴いてみようよ。すでに知っている物語なら英語だけで15分でいいのだから」

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ