最近のトラックバック

« 花見山 | トップページ | できるまでやればできる »

合宿の感想を大学生から中高生へ

(シュンピー大学3年) 中3の3人と高1女子が、前に出てくるようになってよかったなって思います。特にMちゃんは、声が出るようになったなぁって思ってみてました。あとはもっと自信を持って振る舞えばいいと思います。場数を踏めばそれも自然と身についてくると思うけど、自分から行動をしないとなかなか身に付かないから頑張って欲しいです。それと高1の男3人にはもっと活動に入ってきて欲しいと思います。自分が仕切らなくてもいいけど、意見を求められたらパッと答えられるくらい自分の中で考えていて欲しいです。でも自分も変わったなあって思うのが高1でシニアやったあとだったんでこれからに期待します。あ、もっと地区の活動にでてみるのもいいと思います。 合宿全体としては、各グループのリーダーが話し合いをしっかりして、全体の流れと今この時間は何をするべきかをしっかり把握しておくともっとよくなると思います。どうしても不安になるのは分かるけど、あまり小さい子たちの前で固まって話し合ったり、行動したりするのは少なくした方がいいかと。小さい子は流れが切れると飽き始めるからその辺まで気を配れたら言うことないと思います。 でも、あの短い時間で各グループがきちんと「ブレーメンの音楽隊」の踊りを考えられたのはすごいなって思いました。 今年でラボ大学生活動も卒業しようかなって考えてるので、だれかシニアになってくれると嬉しいです。今度のサマーキャンプにコーチとして入れるかは大学との兼ね合いでビミョーなとこなんですけど。
http://picasaweb.google.co.jp/chamopon/ELlLvK

(あやか大学4年)今年の合宿も楽しくて、参加できてよかったなーと思います! 毎年帰ってくる度に、みんなの成長を見るのが楽しみです。ただOB・OGとして出しゃばりすぎちゃったかなぁとも思いました。テーマ活動やってるのを見ると楽しそうで、つい口を出したくなっちゃいます。毎年「出しゃばりすぎちゃった」って感想を書いてる気がするので、これはOG側として最大の反省点であり課題ですね。
スズメが「ちょっと空いた時間があるとキャンソンやりたくなる。小さい子たちも退屈するだろうし」ってぽろっと言ってたんですが、わたしは逆に、一番退屈してるのはOB・OGの方なんじゃないかと思ってます。だから、そういう穴埋めの突発的なキャンソンなんかはOB・OGに任せておいて、リーダーたちは前に自分たちで決めたこと、例えば合宿のプログラムとか、キャンドルファイヤーのときのキャンソンの順番とか、そういうところで頑張れればいいんじゃないかな。
そういう、最初から決まってる部分をしっかりできるようになれば、きっともっといい合宿になるし、リーダーとしての自信もついてくる! と思います。夜はある程度の時間になったら寝て二日目まで体力を残しておくとか、キャンドルファイヤーでキャンソンどうしの間が空かないようにさっと出てくるとか、そういうのって細かい部分なんですが、細かい部分をしっかりすると全体の完成度が高く見えてくるんですよね。夜寝なさそうな人がいるなーと思ったら、自分だけさっさと寝ちゃって、次の日その人の分も頑張る! っていうのもありです。夜寝なかったからつらかったっていうのはうちらの代にもよくあった話なので。(だからといって真似していいっていう話ではないですが)
OB・OGから言おうとしてたことがあったんですが、Rちゃん、Maちゃんの感想を見て、言わなくてもみんなわかってるな、じゃあ大丈夫かな、って思いました。自分で反省点に気づくことって大事だと思います。自分で直そうって思ったことは、他の人にこうしなさいって言われたことよりも、直しやすいと思うので、反省を次に活かせるように頑張って欲しいなーと思います。

ブレーメンですが、自然の家について最初に発表を見たとき、ビックリしました! 短期間なのにみんなセリフも入ってるし、5曲の歌もできてるし、すごいです。テーマ活動でも、細かい部分を詰めればOB・OG抜きでももっといい発表ができると思います! 例えば役の人は前を向いて発言するとか、木とか花を作る時の手の動きとか。発表が終わってから、お母さんたちを見るのが怖かったって話を聞いたような気がするんですが、セリフと動きに自信が足りないとそうなっちゃうんだと思います。今回は仕上げるまで短期間だったし、動きも色々変わったし、そんな中で自信もって発表なんて難しいですよね。そんな中なのに、みんな本当によく頑張ってました!
OGとしては、久しぶりにテ活に混ざってわいわいやったのが楽しかったです。あーでも、リーダー年代にヒロイン役の人があんまりいなさそうなのがちょっと寂しいです! 女の子リーダーたちってみんなウェンディよりもピーターパンの方が似合いそうで。まぁわたしも、そうそうヒロインばっかりやってたわけでもないですが…。

(ヒロコ 大学3年)今回はいろいろイベント盛りだくさんで、やってるときは正直大変でした。でも大学入って騒ぐことが少なかったので、私個人としては楽しかったです。今回はテ活が中心だったので時間をもて余したりすることがなかったのは良かったと思います。ブレーメンも短期間でやった割には役の主要な人がセリフ入ってたので、よくまとまっていたと思います。
中高生たちもかなりがんばっていたのは、よくわかっています。リーダーになってきたなと嬉しいかぎりです。リーダーシップのこととかキャンドルファイヤーのことに関しては良かったと思うので言うことありません。   『反省点として』
①1日目の夜の過ごし方。野活の始めがグダグダ(うまくいかなかった?)だったのは1日目の夜のリーダーたちの話し合いが足りなかったと思います。「最初のゲームちゃんと確認しといてね」と言ったにもかかわらず、くーちゃんの説明を聞いてるけど、ちゃんと理解してるようには私には見えませんでした。
②2日目の動き方。中高生たちがまーちゃんに怒られたように、言われたことをやらなかったのはよくない。「次はこれをやる」と指示がでてるのに、ダラダラと座ってたのはリーダーだからというわけではなく、まぁリーダーだから他の人以上に怒られて当たり前かなと思います。疲れてるのは皆同じだから。
が怒るというか注意するのは、できると思うからするわけだから、落ち込む必要はないと思います。「こいつらうるさいな」と思ったっていいし、でもそう思って終わりじゃなくて、前には進んでほしいけど(笑)OBのようになりたい、近付きたいと思うのは自分を向上するのに必要なこと。私だって今でもOBのように上手くやりたいと思うし。難しいことだけど(私もなかなかできなかったけど)OBはOBと割り切って、自分たちは自分たちだと自信をもったほうが良い。失敗は成功のもと。もっともっと悩んで成長してほしいです。(かなり上から目線で申し訳ないですが…)
OBとして自分の反省点として、かなりでしゃばりすぎてしまいました。今回は時間がなかったのでしょうがなかったと自分に言い聞かせましたけど(笑)その代わり久しぶりのテ活楽しかったです。自分だけじゃなくて皆に楽しんでもらいたいから動いてただけなんですけどね。そういう余裕はOBになってからできたものだから、ラボは楽しいんだよと伝えるのは私たちOBの役目かなと。

« 花見山 | トップページ | できるまでやればできる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196735/34535883

この記事へのトラックバック一覧です: 合宿の感想を大学生から中高生へ:

« 花見山 | トップページ | できるまでやればできる »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ