最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

人生デザイン

30年ぶりに会うことになるのかな、私が埼玉県で教員をしていたときの同僚が尋ねて来てくれることになった。転居してからは年賀状だけの近況報告だったので、会ったら聞きたいことが山ほどありそう。でも今、共通しているのは、親の介護。私の年齢になると自然な形で大抵の友人は介護適齢期と言えるのでしょう。されど、不思議なことに友人達、さほどの暗さがないのも共通している。自分の時間や生活、自分の家庭は、みな、それぞれ大切にしているからか、割り切っているのか・・・。もともと親子の距離がほどほどだったかもしれないし。母は自分の最終ステージを考えて相談してきます。葬祭部の担当の人にも生前相談「もう、自分は長くないと思う」と母が言ったら、葬儀屋さん「大丈夫ですよ。満期になっていますから。いつでも準備できています」と。私は「長年住んでいた我が家でのセレモニーが一番、いいと思う。お世話になってきたご近所の人達、お年寄りが歩いてこれるし、それぞれがお庭の花でもつんで持ってきてくれたら それでいいんじゃないの?」と言うと、母「おとうさんは、家でしてもいいけど、私のときは、来てくれる人が多すぎて、みんな入れないよ」また、「告別式でのお料理は、美味しいかどうか、自分で試食しておきたい」とか、「お返しの品は、町内のお米屋さんに頼んだら喜んでもらえた」「往診の先生に、この頃、食べることができなくなってきた、と言ったら、“そんなことないでしょ、ちゃんと太ってますよ。”と言われたんだ。」「最後に・・・・をしたい」と言いながら、あらゆることをしています。母の車椅子を押しながら、いろんな所に出かけてみて、公共施設は不自由しないことがわかり、日本の福祉はけっこういいんじゃないかな、って思います。http://picasaweb.google.co.jp/chamopon/eGNON

心を健康に保つ

こころを健康に保つ7つのアドバイス「健康ジャーナル」より  良い睡眠、頑張る必要はない、相手の話にも耳を傾ける、こだわりをほどほどにし完璧ばかりを目指さない、人の気持を無理に変えようとしない、良い人になりすぎない、他人と比べない、と一陽会病院 伊藤光宏先生の言葉を簡単にすると・・・。 それはそうと、山崎Pの中高生がパーティ内に篭っていないか?(パーティ単独の発表会やイベント系は多いので、中高生年代がパーティ内で満足してここが居場所になって、ぬくぬくしているような感じがします。)地区や支部活動、キャンプのシニアなどに送りださなければ、大きく成長するチャンスを逃してしまうのは、もったいないのです。娘に言われました「理由を考えてみて。外に向かってポジティブで、元気がよい子達は、小さいときに、お母さんがサマーキャンプにちゃんと引率していっていた頃のメンバーだよ。しばらくキャンプに行ってないでしょ」と。キャンプのエネルギーって やはり何にも変えがたいものがあるんだね。娘達が小さかったときに夫も一緒に参加してみて、「借金しても行かせる価値がある」と言ったのを思いだします。私が臆病になってしまったのは、両親が倒れてから・・国際交流の送り出しを優先してきたから・・自分の体力に自信がなくなったから・・でも、蔵王は連絡を受けてから半日で戻れる・・疲れている理由をいい出したらラボはできない。今年は行く!最優先はラボっ子達に大きなエネルギーを持ち帰ってもらうこと。高学年になれば、ウィンターかスプリングに自分達でいくわけだし・・。最初の1歩は、一緒に踏み出す手伝いくらいしかテューターとしてできない。最近は、活動は娘がかなりの比重で関わっているし、ひとりひとりを本当によく知っている、と感心します。「世の中には”私にしかできない”仕事なんてありません。だけど、そこに魂を注ぎ込めば”私にしかできない”結果に出あえる。」とどこかで読んだような・・・。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ