最近のトラックバック

« 「貯金」という詩 | トップページ | 眠れない夜 »

静かな湖

30年ぶりに会った友人と猪苗代湖に。連日の猛暑でも森の中のウッドハウスは涼しく、キャンプ施設は貸切状態で、マイビーチのようでした。茨城のり子さんの詩《みずうみ》・・・お母さんてものはさ、しいんとしたとこがなくちゃいけないんだ・・・。・・人間は誰でも心の底にしいんと静かな湖を持つべきなのだ・・・生きて暮らしていくということは、「しいん」としたこの湖を 人知れず、日々深める作業そのものかもしれない。そうして、ひとの魅力とは、・・・たぶんその湖のあたりから発する霧だ・・湖のはるか向こうの山に沈む夕日を見て、満天の夜空を仰ぎ、朝は霧の湖の砂浜にテーブルを運んで朝食をとりました。30年間の時間がうまっていく気がしました。http://picasaweb.google.co.jp/chamopon/yURmWG

« 「貯金」という詩 | トップページ | 眠れない夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196735/35918796

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな湖:

« 「貯金」という詩 | トップページ | 眠れない夜 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ