最近のトラックバック

« 日本人の小学生に英語をマスターさせる法・・から | トップページ | 何のために英語で話せるようになりたいか »

鵜沢戸九子氏の本から

「CDの聞流しによっての英語回路づくりと同時に考えなければならないことは、日本人として生まれたならば、まず母語の日本語をしっかりマスターさせるべき。そして、日本語を基盤にして英語を入れていくのが自然な形。幼いときに英語を強制されると、日本語も英語もおぼつかない。すべての外国語は、母語のレベル領域を超えないので、母語でしっかり自分の考えを持てるように育ててあってこその外国語。」また、「優秀な中学生の生徒には徹底的に難しいCDのかけ流し、音読、直訳、暗記をさせるべきです。※難しいCD(物語) そうすれば優秀な人の数だけすごい英語の使い手が日本でも育ちます。とても簡単で確実な方法です。問題は優秀な人は別にCDをかけ流さなくても、学校英語にはまったく困らずに中高を過ごし、一流大学にも合格することです。そして一番語学習得に向いている時期を日本語的な勉強だけで過ごしてしまうことです。自分が人より少しでも優秀な人間だと思ったら、日本のためにも、自分のためにも、音を入れる英語習得を試みて下さい。たとえ、日本の学校英語での成績が一番でも 使える英語が身に付くことはありませんから。」  

~今、自分で出来ることは精一杯やっていく、後で後悔のないように                          「時間こそは、最もユニークで 乏しい資源」byドラッガー 

だから、今日できることは今日のうちにしよう      

さて、この冬のウィンターキャンプ参加者の感想から抜粋「キャンプの最終日に 山崎Pのみんなは、満足した顔で帰りのバスに入って来ました。楽しかった!最高!との声に、最高学年として私は嬉しかったです!! 毎回思うのですがキャンプって、出会い・挑戦・きっかけ・交流・一瞬即永久が満載な夢を与えてくれますね。相手のためにと思いした事が願えた楽しさ、喜び。たとえ、悔しい事、悲しい事があっても未来のヒントとして反省し次回にいかす事が出来ます。・・」「何事でも積極的にやることは大切だと思った。私のロッジのシニアも小さい頃の性格は、積極的ではなかったそうです。一生懸命に頑張って積極的にやっているんだと思いました。私も人見知りなところがあるので、そんなシニアがすごいと思う。」「私は初ウィンターキャンプだったのですが、いってすぐに友達ができました。シニアとも二日目くらいに仲良くなりました。野外活動では雪の上の運動会でだれも足をふみいれていないようなところで遊びました。今までにないような体験がたくさんできました。楽しかったです。」「私は自分から積極的に友達を作ることが出来ないので、ロッジに入ったときにシニアが声をかけてくれて嬉しかった。STEPが大事、smile, Thank you, eye contact, please」「ロッジのみんなと協力してソリのコースを作ったことは良い経験になったし、それをソリですべるのは、とても楽しいし嬉しかった。キャンプに参加して、初めて会った人との交流のしかた、協力することなどは国際交流ホームスティの準備に大切だと思いました。」 なぜ、国際交流に行きたいか、ときかれ「いろいろな人と友達になりたいし、日本以外の国について知りたいし、体験したい!」と言ったともききます。「日頃、雪で遊ぶ、ということがないので、キャンプの野外活動では思いっきり遊べたのがよかったです。」

« 日本人の小学生に英語をマスターさせる法・・から | トップページ | 何のために英語で話せるようになりたいか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196735/38552577

この記事へのトラックバック一覧です: 鵜沢戸九子氏の本から:

« 日本人の小学生に英語をマスターさせる法・・から | トップページ | 何のために英語で話せるようになりたいか »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ