最近のトラックバック

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

明日にむけて

明日に向けて(208)放射線の健康への影響について(児玉龍彦教授国会発言)

児玉教授の国会での名演説、感動です。日本の政治が正しい道にすすめるように願ってリンクします。

本多 豊國さんワークショップ 墨絵ライブ

8月28日の合宿2日目は、本多 豊國先生(ほんだ・とよくに)のワークショップが受けられます!1987年イタリア・ボローニャ国際絵本原画ビエンナーレ入選を皮切りに次つぎと欧州で絵本の賞を受賞。1990年にはフランス・ラニオン国際絵本原画ビエンナーレでグランプリ・イカロス賞を受賞。翌年ブラチスラヴァで異例の特別展示を行なうなど国賓級の待遇を受ける。その後作品が欧州各国を巡回展示される。1999年京都府の禅定寺に高さ45メートルの巨大壁画を完成させる。2000年,アメリカを描く「USA 50」のプロジェクトを開始。 2011年東日本大震災に衝撃を受け,独自に支援プロジェクト「ガンバル日本」(Gambaru Japan)を立ちあげる。いままで培った世界中のネットワークを駆使し,支援プロジェクト進行中。

「墨絵は伝統文化の香り高い世界ですが,いずれはその高みに登るにしても,最初はもっと楽に自由に墨絵を楽しんでもいいのではないか,そうすればもっと墨絵は先進性を発揮し,その可能性を広げるに違いない」と本多先生はおっしゃいます。

「ぼくの仕事は墨絵を描くことと,世界中の人びとに墨絵の心(活力や楽しさ)を伝えることです。墨絵では自然のなかに心をみいだし,それを表現します。

また,鳥獣戯画が典型的ですが,絵巻物などに描かれた墨絵は,影がなく,デフォルメがあり,輪郭線を描いて着色をするという手法が用いられています。絵巻物を解いていけば物語が進行する。少しずつ形を変えて連続的に繰っていけばアニメーションになる。いま世界に冠たるマンガ・アニメもそのルーツは墨絵にあると思っています。同じように,墨絵という伝統的な芸術が,これから世界中の人びとに楽しんでもらうようになるためには,現代性と世界性がなくてはなりません。

また、ぼくにはたいせつな仕事があります。それは「絵本」です。ぼくは子どもの頃から絵本が大好きで,いつか自分でも絵本を描いてみたいとずっと思っていました。いまでも絵本を見ると幸せな気分になります。たくさんの絵本がいまもぼくを楽しませ,励まし,夢の力を与えてくれます。そうして,ぼくはこれまでに約20冊の絵本を出版し,フランスやイタリア,スロヴァキアやユーゴスラヴィアでグランプリをとったり,入選したりしました。『なよたけのかぐやひめ』はブラチスラヴァ国際絵本原画展での特別招待個展で展示されたこともあります。ラボからは『なよたけのかぐやひめ』と『チピヤクカムイ』,それから『鮫どんとキジムナー』の絵を依頼され,提供してきました。そして昨冬刊行されたラボ・ライブラリーには,『ももたろう』と『かさじぞう』を描きました。」

夏休みだよ、外に出て思いっきり遊ぼう!

ソフトバンクの孫さんのツィッターの「ご要望窓口へのコンタクト」からの連絡がきました。
1)7月26日にいくつかの自治体を募り一時避難相談会を郡山にて開催予定
2)7月以降に資金的支援を実施することを検討(詳細調整中)の内容でした。こちらは夏休み後のことを相談したいです。

福島県内にいるとテレビなどの情報が制御されているんじゃないかと勘ぐりたくなるときがあります。

さて、子ども達の夏休みは、ひとまず、たくさんの支援情報が寄せられているなかで、それぞれのご家庭が決まりだしたかと思います。

我が家の孫3人(幼児二人と娘は長野県2週間のキャンプを希望したいようで、その後に親戚のところ。小3は、ひとりで1ヶ月間の沖縄!とはしゃいでいるし)

私は、ずっと、ここにいます。ここで待っています。今、つるのたけしさんの「にじ」の歌が流れてきました。ラボっ子達が大好きな歌です。キャンプでいつも歌います。

にわのシャベルが一日ぬれて、雨があがって くしゃみをひとつ 雲が流れて 光がさして みあげてみれば ラ ラ ラ 虹がにじが 空にかかって きみのきみの 気分も晴れて きっと 明日は いい てんき きっと あしたは いい てんき~

ソフトバンクのヒアリング会

基本的には、県外移転に関するヒアリング会ですが、私は、県外移転にあたっての障壁などの話を聞いていただき、私が今、考えていることを伝える時間を先週の土曜日、ホテルハマツにて、設けていただけました。原発問題が起きてから、ずっと重苦しい気分でしたが、それでも私達は、フクシマで生活していきたいのです。支援していただけるなら、「県内であっても放射線量の低い県内の地域の現在、使用していない施設を支援して下さる企業が買い上げて、子どものいる家族に有料でかしていただきたい」と。
2週間をめどに、何らかの返答があるようですが、今すぐに何かが即、動くわけではないと思いますが、孫正義氏が、ふくしまキッズを心配してツィッターで呼びかけて下さったことがありがたかったです。安全基準を年間20ミリシーベルトのままにしている政府には頼ることはできません。  ヒヤリング会は、1人45分ずつ、60名ほどだったかと思いますが、会場をいくつものブースに分けて相談をきいて下さっていました。今後、全体の要望をまとめていくことになると思います。   さて、もうすぐ夏休みです。子ども達にとって嬉しいはずの夏休みです。たくさんの支援「ふくしまキッズを救おう」があるようです。小学生の孫は、沖縄1ヶ月丸ごとキャンプに行けることになりました。ドイツの義捐金のプロジェクトに応募したのが当選。同時に北海道キャンプ招待も連絡がきました。北海道キャンプは、申し込み時にあまりにも込み合ってインターネットがつながらないうちに締め切られました。でも、かなり、時間がたってからでしたが、念のためキャンセル待ちで登録しておいたら空きができたそうです。これからでも、探せば、何らかのキャンプに行けると思います。 県外、国外からのたくさんの支援に感謝しながら、この夏をすごしたいです。同時に私が企画できることもすすめて子ども達には憂鬱な気分にさせないようにしたいです。原発は大人の責任なのです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ