最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

英語とは

英語ができるようになる人の共通点として考えられること

スマイル(英語は人とコミュニケーションするための道具なので人間関係がうまく作れる)

好奇心旺盛(その道具を使って何を話したいか、人が関心を持つ内容がある話ができる)言葉は情報の手段であって、学習そのものが目的ではないから、いろんなことに挑戦する。日本にいて英語ができるようになるには相当の努力が必要かと思います。留学や海外で仕事をする。中高生年代の1ヶ月間のホームスティはその後の選択肢が大きく広がるので最初のステップとして大切ですが、その先も求めていく必要があるのではないでしょうか。

日本語力(環境適応能力があることも大切なので地方の方言もいいものですが、語学としての標準語もきちんと使い分ける。外国語である英語が母語である日本語能力を上回ることはありえない) 

辞書で調べる習慣(英語に限らず日本語に対しても言葉への意識が高い)

文法が得意(日本語・英語とも)

作文が好き(日本語で文章をかくことがおっくうでない人は、英作文も辞書をひきさえすればできる)

反射神経(話の反応が早く、会話のタイミングを逃さない。場数を踏むためにグループデスカッションを大切にする)

英語耳を作る(リズムとイントネーション、英語の音をシャドゥイングができる)

最後に子どもにとっては、一番大切なことは、どれだけ英語のCDを楽しんで聴きつづけられるか、楽しんで聴けるものをそろえているか、英語力は、量と質が土台になるのではないでしょうか。では夏休みはたっぷり英語の物語を楽しんでほしいです。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ