最近のトラックバック

« 3・11から 振り返って | トップページ | 坂本達さんチャリティートークイベントin 郡山 »

全国ラボテューター通信2011年4月に書いた記事を

東北 山崎智子  

福島県郡山市に住む私の家も東日本大震災の揺れはものすごく,ほとんどの物が落下してきましたが,大きな被害には至りませんでした。電話,ネットがつながりだしたとき,とにかく全ラボ家庭の無事を確認。ただ,10年前に海辺の浪江町に転居したOBの家のことが気がかりになっていました。  すると,4日後にラボ修了後も交流しているOG家庭から「Sさんは親戚宅に避難しています。家は津波で流されなにもかもなくなってしまったそうです。想いがこもった子どもたちのたいせつな写真も,大好きな集めた本も…」と連絡が入りました。Mちゃん は,10年前の中1のときにニューハンプシャー州へホームスティしました。ご両親は既参加者の準備を見ながらわが子の番を楽しみにしていました。「たくさんの写真を撮り,どれもこれも貼りたくて選ぶのがたいへん!」とうれしそうに手伝っていました。そのアルバムの想いはホストファミリィにもちゃんと伝わり,ステイ中,毎晩アルバムを囲みながらMちゃんに英語で一つひとつ質問したそうです。それに答えようとどれだけ辞書をひいたことでしょう,帰国後に見せてもらった辞書はめくれて倍にふくれていました。「私はいま,世界一幸せな女の子です。お父さん,お母さん,ありがとう!」というステイ中の彼女の手紙に,お母さまは感激されました。また3年後の受入れのときには,同じようなアルバムを双子のホストシスターが作ってきました。そのようなたいせつにしまっていたすべての物が一瞬で流されたのです。  Mちゃんは「文学部は就職がむずかしいけれど,私は物語が好きだから」と難関の大学院までいき,今年のお正月には,春から高校の国語の教員になることを報告してくれました。S家の年賀状には「私たち家族にとってラボはたんなる習いごとのひとつではありませんでした。子どもたちにとってもうひとつのホームです」と書かれていました。  山崎パーティからの国際交流参加者は50名を超え,最初のときからずっと,郡山駅で「ひとりだちへの旅」の見送りを続けてきました。壮行会,見送り,帰国報告会,参加者の文集と,大半のご家庭が見守ってくださり,参加者個人の体験ではなくパーティみんなの体験になっていると思います。駅では「みんなで子育てをしている気がしますね」とお母さま方の声。  今回の巨大地震は,多くの人びとの生活の場を一瞬にして奪いました。人の力がいかに無力かを思い知らされます。それでも,立ち直るのも人びとの力でしかありません。地球規模の協力が必要です。そのためには多様性を認め,尊重する教育こそが最大の鍵です。全国からも海外からも多くの励ましや支援が寄せられています。Mちゃんにも励ましのメールや思い出の写真などが,ラボ家庭やOBたちから送られてきています。東北支部の事務所に、月壇中学校の生徒からの応援メッセージに「大きな被害の前にもっと強くならなければなりません。一緒にがんばって困難に克!」とありました。地球規模で人類が手をとりあう必要があるこれからの時代,青少年の国際交流と異文化理解の重要性はますます高まることでしょう。  大震災,津波,頻繁な余震,原発の放射性物質の放出とまだまだ脅威は続いています。犠牲者のご冥福をお祈りするとともに,一刻も早い救援と復興を願っています。 (85年開設 福島郡山地区研)

« 3・11から 振り返って | トップページ | 坂本達さんチャリティートークイベントin 郡山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196735/55876183

この記事へのトラックバック一覧です: 全国ラボテューター通信2011年4月に書いた記事を:

« 3・11から 振り返って | トップページ | 坂本達さんチャリティートークイベントin 郡山 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ