最近のトラックバック

アヤちゃんの英語授業報告7

「リーディングでは、「スラッシュ・リーディング」を習いました。文脈の切れ目ごとにスラッシュを入れて、なるべく読んだとおりの順番で訳していく方法です。
ただ、先生が挙げ足取るみたいになんでもかんでも聞いてくる(ちゃんと訳せてるときも何かしら粗を探してる)ので、かなり厳しい授業です。
できれば指されたくないけど、たぶん1学期中に1回は必ず指されるので、しっかり予習します(;_;)

ライティングとコミュニケーションは、今度の期末試験の内容説明でした。
ライティングは決められたテーマでエッセイをひとつ書くことが課題で、試験内容は1時間で短いエッセイをひとつ書くこと。コミュニケーションは長いスピーチを作ってきて、それを先生の前で発表すること でした。
大学生になってもテストからは逃れられないみたいです…(・_・;)

コミュニケーションの試験は来週なので、頑張ってスピーチしてきます!」アヤ

「毎週、携帯からメールを送ってもらい、7週目になりました。ラボは物語の楽しさをベースに活動をして、日本語から英語、そして、英語教育にたどりついたときに わかったことは、「英語教育は人間教育だったこと」子ども達と英語を求めていくとなると、まずは、楽しくなるような活動を試行錯誤して、研修して、様々な取り組みをしていくことになります。そうこうしていくうちに、言葉の教育には、人として他者とコミュニケーションできたり、自ら発見できたりといった体験の積み重ねが重要になっていくことに子ども達自らも気がつきます。つまり、英語教育には人間教育が必要だったのです。但し、教育という以上、10年以上の時間をかけなければ成果らしきものは見えてきません。幼児から関わっても地元の高校を卒業して、都会の大学へ進学しますと、本当の英語教育の成果がつかめないのが実情です。中高生時代の英語検定試験の結果は優れてはいますが、それはそれです。また、学校英語はあくまでも本人しだいです。そして、そういう英語とは、全てが重なるわけではありませんし・・・。

アヤちゃんが、大学での様子を継続して報告してくれるのは、後輩ラボっ子にとっても自分達のやるべき道しるべのひとつになるのではないでしょうか?」親猫より

英語でチャット

昨日、午後6時~8時 参加者(新学年) 小学生(高学年)、中高大生12名とカナダから来た素敵な女性マリアンとが、我が家にて、2時間の英語でシャベラナイトにしました。終始、笑いが絶えず、参加者全員(小学生と新中1は、伝えられないときは日本語で言うと 何名かが、すぐに辞書をひき、みんなの輪の中心に置いたホワイトボードに書き出していく、高校生が話をリードしていく)今回は特に英語で話しやすい雰囲気ができ 子供達が積極的に話に参加している姿勢に私は感心していました。それは、マリアンが彼らの どんな英語であろうと 聞き取り、質問をしながら、わかってくれる努力をしてくれていたのが大きいと思えました。彼女の気さくな性格、この場を自ら楽しんでいく姿勢、日本や文化への興味関心の高さ、何よりも笑顔が、コミュニケーションに大切なことを改めて感じました。高校生が、「今回は、英語が話せるようになっていた、と思った。相手がわかってくれようとするから安心して話せるんだね。」と。話したい意欲と話す内容があることは当然なのですが、子供達が「やりたいことがある」「自分にとって大切なことがある」「自分には少なくてもこれができる」とそれぞれが持っていて、話がはずむのですね。リラックスした居場所の確保、それは、同年齢だけではなく、縦長の年齢構成と仲良しの横の仲間がいてできていくことなのでしょう。年齢や立場が異なることでの自然な役割分担とそれによる意欲がおきることが英語習得の近道なのでしょう。

高校入試

今日は、福島県の県立高校入試日です。昨日の悪天候と変わって青空で良かったです。我が家の4匹のビッグ・ファット・キャットは、陽だまりの中でお昼ね中。毎年、この時期が過ぎないと春を楽しめませんね。

 January cold desolate,February all dripping wet,March wind ranges, April changes,と12月の特色が、それぞれ短い言葉でキリッとうたわれた季節Christina Rossettiの詩です。まさしく1月から3月の厳しさを感じます。でも「春は奇跡」というターシャ・チューダー(毎年、秋には何百個の球根を植え込み、春をつげるスイセンが咲く庭を楽しむのでしょう)の言葉をかりると 「厳しいかどうか、苦しいかどうか、季節も人生も自分しだい」と。厳しい季節を乗り越えて

April changes; Birds sing in tune To flowers of May,と季節がかわっていきます。そう、

「生きていることを楽しむ」なんですね。今頃、受験、頑張っているね。

その他のカテゴリー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ